【平成最後】五穀豊穣に感謝する貴重な祭り 高千穂夜神楽開催

【平成最後】五穀豊穣に感謝する貴重な祭り 高千穂夜神楽開催

平成最後の貴重な神楽「高千穂の夜神楽」が開催!

夜神楽とは、五穀豊穣に感謝する氏子のまつりで三十三番の神楽を一晩かけて奉納する昔からの神事。里ごとに氏神(うじがみ)様を神楽宿と呼ばれる民家や公民館にお招きして行われます♪

開催は、11月17日から翌年の2月9日までの期間。


高千穂夜神楽 黒口地区 2017 温かい雰囲気で子供達に引き継がれる伝統 TAKACHIHO YOKAGURA
神話の高千穂 夜神楽まつり 2017 高千穂神社 TAKACHIHO YOKAGURA
チャンネル登録おねがいします→高千穂宮崎Japan 神秘!日本神話発祥の地


神様と食事?ふるまい

当日は、年に一度降臨される神様と里の人が一緒に食事をして、神人一体となる直会(なおらい)の儀式「ふるまい」を行う場所もあります。
「ふるまい」では、参加された方々にカッポ酒や焼酎・煮物などの料理がふるまわれます。

※初穂料やご神前は、神様や「ほしゃどん」、神楽宿への感謝の気持ちをあらわすものでふるまいの料金ではないそうです。

「高千穂の夜神楽」鑑賞心得
・夜神楽を舞う”神庭”は女人禁制です。古いしきたりとご理解願います。
・御神前として現金2~3千円、もしくは高千穂の焼酎2~3本ほどを受付にだされて下さい。
・会場は寒いので防寒具はできるだけご自身でご用意ください。
・会場では基本的に食事のふるまいは無いとお考えください。
・写真撮影の際、フラッシュ、三脚の使用は各集落のルールに従ってください。
・携帯電話等のご使用は他のお客の迷惑にならないようお願いします。
・神楽宿付近には十分な駐車場が無い場合がありますので乗り合わせるかタクシー等のご利用をお勧めします。
・神楽宿は宿泊する場所ではありません。仮眠等の為の宿の手配をお勧めします。
・夜神楽は神事です。神前参列のお気持ちでお越しください。
引用(外部リンク)→高千穂夜神楽の詳細・拝観のマナー等より

ダウンロード→高千穂夜神楽日程表[PDF]
ダウンロード外部リンク→夜神楽33番の概略[PDF]


パワースポット天岩戸神社と高千穂神社で夜神楽大公開!

また、パワースポット高千穂神社と天岩戸神社でも神楽の奉納が行われます。

天岩戸夜神楽33番大公開まつり

日時:11月3日(土・祝) 10:00 ~ 22:00 
場所:天岩戸神社 電話 0982-74-8239  

神話の高千穂夜神楽まつり

日時:11月22日(木) 18:00 ~ 23:00
   11月23日(金・祝) 10:00 ~ 23:00
場所:高千穂神社 電話 0982-72-2413 


パワースポット天岩戸神社の動画

古代から続く悠久の時間にアクセス!最強パワースポット天岩戸神社 古代銀杏や徴古館に彩られる神話の世界 宮崎高千穂

チャンネル登録おねがいします→九州山地のITサバイバー


高千穂の観光スポット 世界農業遺産の棚田

世界農業遺産 九州山地で生き抜く高千穂郷の棚田や神楽 人気スポット高千穂あまてらす鉄道スーパーカート


高千穂夜神楽33番

夜神楽33番
1  彦舞(ひこまい)
2  太殿(たいどの)
3  神降(かみおろし)
4  鎮守(ちんじゅ)
5  杉登(すぎのぼり)
6  地固(ぢがため)
7  幣神添(ひかんぜ)
8  武智(ぶち)
9  太刀神添(たちかんぜ)
10  弓正護(ゆみしょうご)
11  沖逢(おきえ)
12  岩潜(いわくぐり)
13  地割(ぢわり)
14  山森(やまもり)
15  袖花(そではな)
16  本花(ほんばな)
17  五穀(ごこく)
18  七貴神(しちきじん)
19  八つ鉢(やつばち)
20  御神体(ごしんたい)
21  住吉(すみよし)
22  伊勢神楽(いせかぐら)
23  柴引(しばひき)
24  手力雄(たぢからお)
25  鈿女(うずめ)
26  戸取(ととり)
27  舞開(まいひらき)
28  日の前(ひのまえ)
29  大神(だいじん)
30  御柴(おんしば)
31  注連口(しめぐち)
32  繰下し(くりおろし)
33  雲下し(くもおろし)



関連記事

ページ上部へ戻る