九州の 大自然を満喫 祖母山 トレッキングコース 神原登山口 から 五合目の山小屋と滝まで その2

急な勾配の場所は、歩きやすい階段があります。

祖母山渓流トレッキングコースは、九州の大自然の宝庫、高千穂(宮崎)、大分、熊本にまたがる祖母山を、大分側から登る登山道(祖母山神原登山口)のトレッキングコースです。
一合目の駐車場から、綺麗な水が流れる渓流を挟んで、五合目の小屋を、動植物や美しい滝を見ながら巡ります。
トレッキングコースは、登山道の入り口で、右回りと左回りを選んで、五合目の小屋を経由して周遊します。

左回りの登山道の写真


登山の必需品 昭文社の2017年 最新 登山地図


祖母山 トレッキングコース関連記事

九州の 大自然を満喫 祖母山 トレッキングコース 神原登山口 から 五合目の小屋と滝まで その1


祖母山トレッキングコース 神原登山口 駐車場

駐車場:約20台

設備:トイレ・水道・登山届用紙と受付箱

※:水道は渓流の水を引いているので、飲用には出来ません。



祖母山麓 渓流トレッキングコースの地図(看板)
↓クリックで拡大できます。

祖母山 トレッキングコース 地図


祖母山トレッキング(登山)を楽しむのに便利なグッズ

靴・リュックサック・雨具や、トレッキングポールなど、登山の必需品やあると嬉しいグッズをご紹介します。

登山の必需品 昭文社の2017年 最新 登山地図

昭文社より、祖母山・傾山・大崩山の最新版の登山地図が、発行されています。最新版の地図を購入するようにしましょう。


登山の合間にホッとひと息 イス付きリュックサック

トレッキングや登山では、事故を防ぎ、十分に景色を楽しむために、無理をせず、自分の体力に合わせて楽しみたいですね。でもちょうどいい場所に休憩ができるイスや岩があるとは限りません、そんな時に便利なのが折りたたみ椅子が収納できるリュックサック。トレッキングや登山だけでなく、普段のお出かけにも便利なグッズです。


腰にある安心、便利なドリンクホルダー付き ウエストバッグ

一時間以内のトレッキングや、散歩コースでは、ウエストバッグだけでも十分な時があります。容量や、取り出しやすさを考慮して選ぶのがポイント。とても便利なドリンクホルダーが付いている物もあります。ベルトが長過ぎるときは、体形に合わせてカットするのも良いです。


転倒防止 あなたを支える!必需品 トレッキングポール

ガレ(小さい石等)の多い場所や、滑りやすい場所、階段などで、腕を使うことで、体のバランスが取りやすくなり、疲れも軽減されます。長時間使用する人には、手首の負担を和らげる、クッション付きのトレッキングポールがおススメです。


山に登るなら、足元は、これにおまかせ! 登山靴

しっかりと足にフィットした物を選びます。でもくるぶしや、甲の部分がきつかったりすると、痛みを引き起こし、疲れやすくなります。ゆるくても靴の中で足が滑って、いざという時に体勢を保てず怪我をしてしまうことも。
靴を選ぶ基本的なポイント:くるぶしが当たっていない、甲や幅がきつくない、ゆるすぎて足が滑らない、つま先まで足を入れてかかとに指1本分のゆとりがあるかなど。


雨が降っても 安心してください。大丈夫です! 登山用のレインウェア

トレッキンや軽い登山でも、雨には要注意。雨で体を冷やさないように、防水はモチロン湿気の発散が出来てムレにくいものを選びます。軽く、通気性がよく、体の動きに合わせてスムーズにストレッチするレインウエアがおすすめです。


貴重な瞬間を逃さない 興味の向こう側を見る 双眼鏡

祖母山の登山ではニホンカモシカに出会うことがあります。バードウォッチングや、珍しい植物を存分に楽しむのに、双眼鏡はとても役に立ちます。体力に合わせて軽くてコンパクトな物を選ぶと良いです。


祖母山トレッキングコースまで車で約30分(5km)! 緑の森と心温まる手作りの料理 宿泊とランチの サリモス

祖母山トレッキングコースまで車で約30分(5km)!祖母山のふもと、緑の森に囲まれた、1日1組(3部屋6人)の、貸し切りの宿です。サリモスでは、里山の恵みの山菜や、農薬を使わずに育てた美味しい合鴨米のお料理を楽しめます。ランチ予約も受付中!

サリモスホームページ
http://sarimos.com/


祖母山登山の思い出に!祖母山からの地下水で作るサリモスの美味しいどぶろく

祖母山の1300万年前の地層から流れてくる地下水と、無農薬で育てた合鴨米で作られた、風味豊かでまろやかな甘味の、オーナー手作りのどぶろくです。
お酒の名前は、作曲家滝廉太郎が、もう一つの天空の城と言われる大分の岡城(別名九州竹田城)をモデルに作曲した「荒城の月」から名付けられています。


広告

関連記事

書籍紹介

熊本地震 情報発信のメディアサイトで何を伝えたか

広告

Youtube

チャンネル登録をお願いいたします。
Please subscribe to my channel!
高千穂宮崎Japan チャンネル
ページ上部へ戻る