関之尾滝(せきのおのたき)

大淀川支流の庄内川にかかる。大滝、男滝、女滝の3つからなり、幅約40m、落差18mの大滝はおよそ11万年前の加久藤カルデラの噴出物である溶結凝灰岩を浸蝕している。

引用:関之尾滝「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典 2016年8月15日 (月) 03:44 UTC」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E4%B9%8B%E5%B0%BE%E6%BB%9D

地図



関連記事

ページ上部へ戻る